現在、国産ニットは全体量に対しては3%を切っています。そんな逆風の中、私たちは、高品質な商品で立ち向かい工場運営を続けてきています。
それは、昔ながらのニット産地として栄えてきた新潟県五泉市という「街全体が大きなニット工場」とも言える環境があり、そして、創業60年を越える歴史の中で培った「技術」と「経験」があるから、多くの商品生産のご依頼をいただき、毎シーズンの新作を共につくり続けることができていると思います。
 
生産の軸足が海外に移る産業も多い中、価格だけではない丁寧なものづくり、そして、ニットの生産における知識と、イメージを形にする力をベースとした「質の高いコミュニケーション」を継続し、より商品のクオリティを上げていきたいと考えています。是非、直接、高橋ニットの工場を見て、商品つくりを体感してもらいたいです。東京と新潟は、新幹線を使えば比較的近いと思います。今後とも、これまでと同じように高品質の日本製ニットをつくり続け、それを継承していきたいです。

髙橋慶至

常務取締役

 

Copyright(C) Takahashiknit co.ltd. All rights reserved.