技術と信頼を、次世代へ継承する。


高橋ニットは、戦後間もない1955年(昭和30年)に実用的なメリヤスセーターなどの工場として出発し、その後、時代の要望に応える形で、ファッション性の高いニット製品の生産を始めました。

 

現在は、多くのアパレルメーカー様の依頼に応えるべく、ニットのみならずパターンや縫製の技術や新設備の導入など、商品製造の可能性の拡大、効率化、そして、商品管理の正確さに努めています。

 

日々変わりゆくファッションのトレンド、そして、技術開発の中にあって、私たちの中にある揺るぎないものは、社員一人ひとりが培った「技術」です。日本最高峰のニット産地の老舗ニット工場として、地道に積み上げた60年余りの歴史に裏打ちされた「信頼」を継承しながら、時代のニーズに応じた新しい技術への挑戦こそが、現在を生きるニット職人の役割だと考えています。

髙橋雅文

代表取締役社長

 

Copyright(C) Takahashiknit co.ltd. All rights reserved.