会社紹介

現在、ニットの国内生産は

3%と言われ、97%以上が海外製品。

今や、価格以上の価値を提供しなければ、受注は見送られる時代。

私たちは、3%に残る戦いに、勝ち続けてきた誇りがあります。

about01.jpg
about02.jpg

日本最高峰のニット生産地

新潟県下越地方にある五泉市。国内でも有数のニット製品の生産地である、この小さな街に、高橋ニットの工場はあります。

越後平野の東、阿賀野川と早出川が流れる美しい田園風景に囲まれた、この地は、国内外の有名ブランドのOEMを中心とした、国内随一の生産量を誇ります。

about03.jpg

職人のDNA

古来より、豊富な水源を利用した染物や織物が盛んであり、生産物をそのまま水運を使って出荷していた歴史があり、天明の時代(1781〜1789)に袴地「五泉平」を開発したことで絹織物業が栄え、京都の丹後、滋賀の長浜と並び、日本三大白生地産地として知られました。

about04.jpg
about05.jpg

現在では、その多くが絹織物からニット生産にシフトして今に至ります。

私たちのDNAには、数百年に及ぶ歴史的な「職人たちの血統」が刻み込まれています。

そして、昭和の時代に、新幹線と高速道路が開通し、地理的にも首都圏と繋がったことで「日本最大のニット生産地」の地位を築くことになります。

about06.jpg
about07.jpg
about08.jpg

そして、現代。

メーカーの皆さまからの質の高い要望に、きめ細やかなコミュニケーションと提案を通して、価格以上の価値を「企画力」と「商品力」で応えています。

about09_edited.jpg
kaicho.jpg

高橋ニットは、戦後間もない1955年(昭和30年)に実用的なメリヤスセーターなどの工場として出発し、その後、時代の要望に応える形で、ファッション性の高いニット製品の生産を始めました。

about12.jpg
about11_edited.jpg
about13_enkaku.jpg

沿革

1955年
創業
1960年
高橋メリヤス㈲設立
1967年
現住所に本社移転
1972年
高橋ニット㈱に社名変更、工場完成
1988年
新工場完成
1989年
バーコード対応POS管理システム稼働
1997年
自社ブランド「Chemin de Rose」設立
1998年
自社ブランド「PRODIGAL」設立
2005年
創業50周年
2010年
PRODIGALオンラインストア開設

2013年

ファクトリーブランド「toiro」設立

2021年

店舗兼スタジオ(複合施設)「Milestone」オープン

日々変わりゆくトレンドと技術革新の中にあって、揺るぎなく、私たちにあるものは、社員一人ひとりの「技術」と「知識」です。

日本最高峰のニット産地の老舗ニット工場として、地道に積み上げた60年余りの歴史に裏打ちされた「信頼」を継承しながら、時代のニーズに応じた新しい技術への挑戦こそが、現在を生きるニット職人の役割だと考えています。

新潟県五泉市は、澄んだ空気、豊かな水源、みどり豊かな小さな町。周辺地域と工場の様子を撮影した映像にある通りです。動画の左下で音量調節をして、ご覧ください。

会社概要

​会社名

高橋ニット株式会社

設立

昭和35年4月14日

​資本金

1600万円

​代表者

高橋慶至

​所在地

〒959-1876 新潟県五泉市泉町2-3-15

電話番号

​FAX番号

0250-43-4120

​事業内容

アパレル製品及び雑貨の企画・製造・販売

​メール

アクセス

電車(新幹線)でお越しの場合

JR磐越西線「北五泉駅」下車 徒歩約10分

JR磐越西線「五泉駅」下車 タクシーにて約5分

maptrain.gif

お車(高速道路)でお越しの場合

北陸道「燕三条IC」下車 約40分

磐越道「安田IC」下車 約15分

mapcar.gif